多店舗化.com

【加納塾】プロジェクトメンバー今藤朱里

今藤朱里(いまふじ・じゅり)

専門分野

  • 美容矯正士
  • トータルビューティーセラピスト

株式会社セジュリ 代表取締役

Beauty Therapy Salon C’est joli(セジュリ) 代表

プロフィール

ダンス歴12年。美容矯正士歴10年目。

高校在学中から本格的にダンスを始め、2005年サザンオールスターズのツアーダンサーを務める。

PV・CFへの出演、振り付けなどを担当した後、首の負傷をきっかけに美容矯正の世界に進む。

2011年・2012年・2014年、ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリスト、

ミス・アジアパシフィック・ワールド2014 日本代表

ミセスジャパンインターナショナル2017 ファイナリストの美容矯正を担当。

シングルマザーによる悲しいニュースを世の中からなくす!

子どもが自由に夢や希望を持ち、才能や可能性を引き出せる社会を創造する!

という決意を胸に、2019年より女性自立支援につながるように事業展開を行う。

ヨガインストラクターやマクロビオティック、望診の知識・経験を活かしつつ、脳科学や心理学を用いた心のカウンセリングも行い、身体の内側から美と健康をサポートする【トータルビューティー セラピスト】として活動中。

福岡県出身。

ストーリー

普段は美容矯正士として活動している私のストーリーを、

よろしければご覧いただければ幸いです。

2003年5月、単身福岡より上京しました。

人, 保持している, 室内 が含まれている画像

自動的に生成された説明

エンターテインメントの世界で生きていきたいという想いを抱き、日々ダンスの練習や、お仕事・バイトに明け暮れる日々が続いておりました。

ある日のダンスの本番中に首を負傷し、踊れなくなりました。一瞬の出来事でした。

「何のために東京にいるのか」

床, 室内, 人, 壁 が含まれている画像

自動的に生成された説明

お金がなくても、東京での生活が辛くても、夢だけが支えでした。目標を失い、これからどうしたらいいかわからずに、ただただ家に引きこもりました。

思い返せば、このときが一番苦しかったように思います。実家に帰ることも考えましたが、とどまりました。

福岡に帰っても、私には何もできない。

そう思ったのです。

そのころ、負傷した首のリハビリのために始めたヨガに、はまっていきます。

もちろん首の調子もよくなっていきましたし、様々な素晴らしい体験や感動が、ヨガへの興味をさらに深めました。

ただこの頃の私は、自分のことが嫌いで、自分に自信もなくとってもネガティブでした。。。

そんなときに、この美容矯正に出会います。

『痛いけどすごい効果!!』

初めて施術を受けたときの感想です。

約12年前(2008年)に、お客さんとしてこの美容矯正の施術を知りました。

ずっとずっと悩みだった、お尻の横のでっぱっている骨(大転子)は中にキュッと入り、「でっぱっていた骨がなくなっている!!」と、本当に感動しました!!

また当時、歯を抜いたあとに、顔の歪みがとってもひどくなってしまい、こちらも私の中では深刻な悩みでした。。。

小顔矯正後に、「顔の左右のバランスが整いキュッと小さくなっている!!」ことにも、本当に本当に感動して、嬉しかったことを今でも覚えています!!

効果に感動し、最初は1週間に1度の頻度で3カ月位は通いました。

毎回通うのが楽しみで、「先生、強い力でお願いします!!」とはりきってお願いしていました。ヨガと美容矯正の効果もあり、体重も落ちていきました。また、通う度にこの美容矯正の理論を理解したくて、

「先生、この理論が理解できません。」

「これはどういう意味でしょうか?」

と、質問攻めでした(笑)

先生も説明はしてくれるのですが、あまりにたくさん質問するので「勉強しなさい」と言われ、効果に感動した興味心から美容矯正を学び始めます。

2009年に受けた「ヨガのティーチャートレーニング」も私を変えてくれました。

『辛かったことも、苦しかったことも、すべては良い経験でしかない。』

自分の考え方次第で、物事の見方がどんどん変わっていくことも体験しました。

ある日のティーチャートレーニングで、ヨガの先生に言われた言葉です。

「自分をダメだと思っているのはジュリちゃん自身で、誰もそんなこと思っていないよ。」

衝撃でした。気づきでした!

 『そうやん、誰も私のことをダメだなんて言っていない。自分で自分のことをいつも責めて、自分を嫌いって思いようだけやん。自分で自分のことを受け入れてあげな、自分がかわいそうやん。』素直にそう思いました。

そして、

『自分に自信があるとかないとか関係ない。頑張り続ければ自信はついてくるものなんだ。どんな自分も受け入れよう。』

そんなふうに思うようになりました!

2009年夏、ここからが私の第二の人生が始まったように思います。

2005年に、質の良い食事をとることの大切さを友人が教えてくれたことにより、マクロビオティックの勉強や実践も行っていきます。

上京してすぐに顔中に吹き出物がでて、鏡を見ては泣いていました。過食がとまらずに、体重も増加しました。

PMS(月経前症候群)もひどく、精神的にも安定しない日々を過ごしていました。幼少期より便秘に悩まされていました。上京してからは、アレルギー症状もひどく、何かしらの症状で通院しなければいけない状態でした。生理痛や頭痛・胃の違和感があれば、すぐに薬を飲んでいました。薬に依存している状態でした。

薬を飲み続けることがどれだけ身体に悪影響を及ぼすかなんて知識、全くありませんでした。

現在、上記に書いたような症状や悩みはありません。

通院はしていません。

よっぽどのことがない限り薬は飲みません。

サプリメントも飲みません。

PMSの症状もでなくなりました。

体重は適正です。

便秘とはおさらばしました。

悩むような吹き出物はありません。

お肌がキレイになりました。

質の良い食事をとることが、どれだけ心と身体に良い影響をもたらすか、身をもって知りました。体験しました。

ヨガが、美容矯正が、質の良いお食事が、私を変えてくれました!

全く無知だった私は、自分の体験を通して、様々なこと学びました!

美容矯正を通して、同じように悩んでいる方がいればお役に立ちたい!

美容矯正も、ヨガも、お食事も、自分が体験して効果を実感し感動したことなので、お客様に経験を通したお話をすることができます。

首を怪我して踊れなくなったあの時、すごくすごく辛い日々ではありましたが、あの経験があったからこそ、今があります。

歯を抜かれて顔が歪んだときは、悲しかったですが、その経験があったからこそ、小顔矯正の効果のすごさを実感しました!

今、目の前に起きている苦しいことや悲しいことは、自分を成長させてくれるもので、自分にとって良い方向へ進むためのきっかけを与えてくれているのだと、実感しています。

人は居心地の良い環境に居続ければ、成長はありません。

少しストレスのある環境にいるときは、自分を成長させてくれるとき。

もちろん、悲しいことがあれば泣きます。嘆きます。(笑)

でも、決して反省はしても後悔はしません。

今、こうやって健康でお客様の施術を担当させていただけることに、心からの感謝の気持ちと、素敵なお客様に出会えたことの、心からの喜びの気持ちをいつも忘れずに、今日も、今目の前にいるお客様のお役に立てることは何か、お客様のご希望に応えられるよう、しっかり施術をしてまいります!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

今藤朱里

挨拶

子どもが自由に夢や希望を持ち
才能や可能性を引き出せる社会を創造します!

ご覧いただきありがとうございます。

やまと保育園の

「食事アドバイス」「子育てアドバイス」「心のカウンセリング」

を担当します、今藤朱里です。

人, 衣類, 女性, 室内 が含まれている画像

自動的に生成された説明


私はシングルマザーの母の元で育ちました。
私を育てたくさんの愛情を注いでくれた母親へは、

感謝と尊敬の気持ちでいっぱいですが、

たくさんのトラウマを抱えていたことも事実です。

今は「毎秒幸せ」を感じながら暮らしている私も、
以前は自分のことが大嫌いで自分に自信がなくて、

いつも人の顔色ばかりを気にしていました。

自己肯定感

が、どのように身につくかをご存知でしょうか?

現代人は自己肯定感の低い方が多く、私もかつてその1人でした。

「食」「ヨガ」「心」のことを学び、人体実験を通して、

幼少期の教育が大変重要なことに気づきました。

今藤朱里
今藤朱里

霧の中を行けば覚えざるに衣しめる

霧の中を歩いていたら、知らないうちに、無意識のうちに、衣が湿っていた。

という意味なのですが、「霧」とは言葉、「霧の中」とは環境です。

私たちの最初の「霧」は両親(養育者)の言葉です。
私たちの最初の「霧の中」は家庭です。

養育者の考え方や、使う言葉を、子どもたちは知らないうちに、
無意識のうちに吸収しています。

この時に、思い込みがつくられるのです。

人生は思い込み次第
子どもたちが、自己肯定感が高く世界で活躍できる人財になるか否かは、

お父さんや、特にお母さんが、どのような考え方で子どもたちと接し、

どのような言葉を使い話しかけてあげるのか、

どのような素晴らしい思い込みを作ってあげられるかなのです。

もっと言えば、わが子の才能や可能性を子ども以上に信じているかどうか、

なのです。

そして、一人ひとりの才能や可能性をいかに引き出してあげられるかは、

私たち大人や教育者・親(養育者)の役目です。

また、「食」についてはナチュラル・ハーモニー代表の河名秀郎氏により

自然栽培についての素晴らしい教えを受け、実践しています。

人, テーブル, 食べ物, 室内 が含まれている画像

自動的に生成された説明
食べ物, 皿, テーブル, 室内 が含まれている画像

自動的に生成された説明

有機栽培(オーガニック)と自然栽培は似て全く非なるもの

食べたもので私たちはできています。

健康ブームにより、

・玄米食やオーガニックは身体に良い

・サラダ=健康

・野菜=健康

という間違った知識が世に出まわっています。

私はそんな状況を「怖い」なと思っています。

化学肥料や農薬が使われている玄米は、身体には有害です。

まだ白米を食べたほうが良いでしょう。

同じように、化学肥料や農薬の使われたサラダは、茹でたりせず、

そのままをいただいているのです。

では、有機栽培(オーガニック栽培)は身体によいのでしょうか?

オーガニック = 無肥料・無農薬ではない

テーブル, 食べ物 が含まれている画像

自動的に生成された説明
食べ物, テーブル, 野菜 が含まれている画像

自動的に生成された説明

自然栽培は、「大自然の摂理に学ぶ」というところからスタートしています。
本来、自然はそれだけで完璧に調和がとれていて、植物にはその調和の中で

「自活」できる力が備わっているのです。

「自然栽培のままの姿に戻すことができれば、虫や病気の害を受けにくい健全な野菜や果物を育てることができる」というのが自然栽培の発想です。

自然栽培こそ、無肥料・無農薬栽培であり、持続可能な農業を実現するのです。

健康を追えば、不健康になる。

健康ブームを追えば、どんどん不健康になっていきます。

五感を大切に、「その物事が自然か不自然か」の判断軸をしっかり持つことは

食だけではなく、生きる上で大切だと言えます。

また、軽度の化学物質過敏症のある私は、

タバコや柔軟剤・香水や強い化粧品・その他化学物質の匂いを嗅ぐと、

頭痛や鼻水・咳が出てしまいます。

これって、私が特別敏感なのでしょうか?

これらの化学物質に反応するって、実は自然なことではないでしょうか。

体に入ってきた毒を、体は一生懸命出そうとしているのです。

体はきちんと私に、サインを出してくれているのです。

いつも私を支えてくれている体には感謝でいっぱいです。

電磁波についても、知らない方がほとんどですね。

私は、2018年より、医療費ゼロライフで過ごしています。
(歯医者や検査は除く)

屋外, 木, 人, 地面 が含まれている画像

自動的に生成された説明
屋外, 地面, 水, 人 が含まれている画像

自動的に生成された説明

以前はすぐに薬に頼っていた私が、

こんな風にナチュラルライフを送ることができているのも、

しっかり勉強し、人体実験を通して学びが確信となったからです。

それらをしっかり、教育や食育に反映していきます!